日本モンキーパーク (最終更新:2009.4.25)


ワオキツネザルがすぐそばに!(08/8/16)



70種以上約700頭のサル類を展示する動物園。
大きさも姿も様々な世界中のサルたちを見ることができます。
放し飼いエリアやスカイウェイなど展示方法も凝っています。
サル好きはもちろん、「ちょっと変わった動物園に行ってみたい」
…という方にもオススメの施設です。
JR犬山駅下車犬山駅東口よりバスで約5分。
入園料は1600円。比較的値段が高く、追加料金をとられる施設もあるのがネックです。

〒484-0081  愛知県犬山市犬山官林26
ホームページ:http://www.j-monkey.jp/ (飼育日誌など)
        :http://www.japan-monkeypark.jp/ (地図など)




2008.8.16の記録 



@時速55kmで走る最速のサル・バタスモンキー。歯磨き中?
Aバタスモンキー全身。ネコっぽい。広い場所で走る姿を見てみたいサルです。
B人工飼育中のヤクザルの子。飼育員さんの頭の後ろが落ち着くそうです。
CDEヒヒの城のアヌビスヒヒ。すり鉢上の展示場の中にアスレチックが組んであります。かなり遠くまで見渡せます。
Fマンドリルの親子。子は白っぽい。




リスザルの島



水掘に囲まれた緑豊かな島に、リスザルたちが放し飼いされています。
森の中を群れで駆け回ったり、人の近くに寄ってきたり、頭上で寝ていたりと様々な姿が見られます。
やはり檻に入っているサルたちより生き生きしています。
愛らしさ爆発!一押しのスポットです。




Waoランド



こちらはワオキツネザルの放し飼いエリア。
飼育員さんの投げるトマトを美味しそうにほお張っていました。
触るのは禁止ですが、本当にすぐそばで見ることができます。
夢見ヶ崎動物公園でじっくり見て以来、大好きなサルのひとつです。




モンキースカイウェイ



平均地上高6m、全長100m以上の吊り橋をジェフロイクモザルが渡ります。
頭上からそれほど離れていないため、クモザルの動きがつぶさに観察できました。
高低差を使った面白い展示です。
テナガザルの巨大アスレチックもあります。




モンキーバレー



約130頭のヤクザルが暮らす斜面につくられた展示場。
観察台とサルのいるジャングルジムの高さが絶妙で、エサ(有料)を投げて与えることもできます。
不安定なジムの上でエサをキャッチする、サルたちの姿はさすがです。




檻の中から



個性的な展示場の多いモンキーパークですが、すべてのサルが広い場所にいるわけでありません。
知性の高さがうかがえる種だけに、古く狭い檻のサルたちには物悲しさを感じます。
良い展示場のインパクトが大きいだけに、格差も強く感じるのでしょう。
個人的には遊園地は不要で、そのスペースを飼育に使ってくれたらなぁ…などと考えてしまいます。

緑豊かで拡張余地のある(?)動物園だけに、今後の展開が気になるところです。




以上。

inserted by FC2 system